キャラ素材

キャラクターアイコン

キャラ素材紹介です

キャラ素材へ   HOME>

キャラ素材

キャラ素材のホームページをご覧頂きありがとうございます!
色々なキャラクターの素材などを紹介していますので、ごゆっくりしていって下さればありがたく思います。

動物キャラクター

動物(どうぶつ)は、動物界(どうぶつかい) に分類される生物のこと、またはその総称。真核生物に含まれ、一般に運動能力と感覚を持つ多細胞生物であるそうだ。

昆虫キャラクター

昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱の総称である。昆虫類という言葉もあるが、多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともあるそうだ。

シャッターストック

ニューヨークに本社を置くShutterstock(シャッターストック)は、デジタル画像や映像素材ライセンスの提供を行い、その利用者は世界150カ国100万人におよぶストックフォト業界の革命児として急成長を遂げてきたサービスです。
誰もが知る名画The Godzilla(ゴジラ)を始め、多くのハリウット映画やプロモーションビデオ、TVドラマ、ポスターに利用される「Shutterstock」の高品質画像、その理由は、使いやすさ、クオリティ、ボリュームの3つ!
シャッターストック
『シャッターストック』動画・画像 素材ダウンロード シャッターストック

ヘンなキャラクター

不思議なキャラクター

怪物キャラクター

怪物(かいぶつ)は、不気味な様相の正体のわからない超常的な存在、あるいは、それに比せられる並外れた人間のことである。いずれも英語のモンスター (monster) にあたるらしい。

ゆるいキャラクター

ゆるキャラとは、ゆるいマスコットキャラクターを略したものだそうだ。

その他キャラクター

キャラクター

キャラ素材

キャラクターは、小説、漫画、映画、アニメ、コンピュータゲームなどのフィクションに登場する人物や動物など、あるいはそれら登場人物の性格や性質のこと。人間や動物のような生物や、生物を模したロボットに限らず、さまざまな道具、時には生物の器官、星や元素、さらには感情や自然、国家など、ありとあらゆる概念は擬人化とデフォルメを介することでキャラクター化されうる。略してキャラとも言われる。 キャラクターの語源である英語のcharacterという語の本来の意味は、特徴、性質であり、元の語源はギリシャ語で刻まれた印、記号。その意味での用例として、似た性質を持つ人物が社会集団に複数いる状態をキャラがかぶると表現することがある。また、人物を意味する場合も本来は架空の登場人物とは限らず、日本語でもCMキャラクターなどは実在の人物をさす用例も多いらしい。

アニメーター

アニメーター

アニメーター(英語: animator)とは、アニメーションの制作工程において、作画工程の原画、動画を担当する人全般。商業アニメでは、原画・作画監督・動画・動画検査などが該当する。作画力とキャラクターに演技をつける演出者としての能力も必要で、アニメーターの力量は映像に顕著に現れる。新人は、動画マンを経て、原画マンで経験を積み評価されると作画監督に昇格する。ストップモーション・アニメーションでは、人形等の動きの設計を担当する者、3DCGアニメーションの制作では動きをつける者。

グラフィック

グラフィック

グラフィック
出版・広告・印刷・映像・ゲームなどの媒体・コンテンツにおける視覚表現のこと。主に情報伝達を目的とし、デザインやレイアウトが計画・検討され、特定のコンセプトやトーン、マナーが表現されたもの。文字・写真・イラスト・図・記号などのあらゆる視覚要素により構成、あるいは時としてそれぞれ単体で用いられる場合もある。コンピュータを用いてグラフィックを制作することを特にコンピュータグラフィックスと呼ぶが、表現技法としての意味合いが強く、グラフィックデザインにおけるフィニッシュワークとしてのコンピュータの使用はDTPと呼び、区別される。出版・広告分野においてグラフィックによる表現を考案する職業はグラフィックデザイナーと呼ばれるが、コンピュータグラフィックスや映像分野ではグラフィッカーやCGクリエイターと呼ばれる。

グラフィックデザイン
主として平面の上に表示される文字や画像、配色などを使用し、情報やメッセージを伝達する手段として制作されたデザインのこと。ポスター、雑誌広告、新聞広告、映画・コンサート・演劇・展覧会等のフライヤー(チラシ)、商品のパッケージデザイン、ロゴタイプ(ロゴマーク)など、多岐にわたる。近年では、コンピュータ上で表示されるインタラクティブデザイン、モーショングラフィック、ウェブデザインの中においても、写真や文字のデザイン、配置や配色、アイコン設計などを含むことがある。メディアの多様化により、デザインの中で特に平面的な媒体表現を超えた、広義なとらえ方に変化してきている。情報伝達と美術の融合として、展覧会なども行われる。グラフィックデザインには、建築士のような国家資格は存在しない。そのため、技術や知識、センスにも様々なレベルがある。元々のアイデアを視覚的に表現するデザイナーもいれば、大量生産用の商品や印刷物のデザインを行うものまで様々である。個人でもポスター、フライヤー(チラシ)、ロゴタイプ(ロゴマーク)、ウェブサイト等を綺麗に作成、複製することができるようになり、コンピューター普及以前に比べ専門的な知識を伴わない経験からの作成等、印刷物を中心にその行為が広がりを見せてきている。アメリカ等では大学のテキストの多くのページがカラフルで美しくデザインされている。これもグラフィックデザインであり、高度論理デザイン図(DLD: Dynamic Logical Design)と呼ばれている。

グラフィックデザイナー
写真・動画・絵画・イラスト・文字などを同一画面に構成する人。グラフィックデザイナーの中心的な任務は、情報を視覚的に第三者へ伝えることにある。アートディレクター、エディトリアルデザイナー、写真家などを兼ねることも多く、組版、イラストレーション、ユーザインターフェース、ウェブデザインなども担当する場合があるが、専門職に委ねられる場合もある。パンフレットや広告のような出版・印刷される媒体、もしくはwebサイトのような電子的な媒体のためのグラフィックを主に作成する。

コンピュータグラフィックス
コンピュータを用いて作成される画像である。CGは主に3D CG(3次元コンピュータグラフィックス)と2D CG(2次元コンピュータグラフィックス)に大別される。しかしながら2D、3Dの区分は方法論としての区分(作成のプロセスによる区別)で、作品としてのCGは2D、3Dのどちらかで創られたと単純に大別はできず、3Dの手法で創られた画像を2Dの手法で加工したり、2Dで描いた絵の上に3Dで作った画像を合成するといったことは頻繁に行われている。CGはノイズのない鮮やかな色彩、修整や編集の容易さなどを提供する。現在では映画、テレビコマーシャル映像やイラストレーション、漫画などあらゆる画像・映像制作に使われる一般的な方法として定着した。実写による映像もコンピュータによって調整が行われることも珍しくない。3Dにおいてはコンピュータシミュレーションによるリアルな映像、視点の変更の容易さ、手書きと比較して滑らかなアニメーション、実際に撮影セットを作らなくてもよいことによる非現実的な映像が可能であることなどを特徴とする。3DCGの制作プロセスは、形状データを定義・作成するモデリングと、形状データから最終的な画像を出力するレンダリングに大別され、レンダリング技術にはスキャンライン、レイ・トレーシング、ラジオシティなどがある。またCGはフォトリアリスティックとノンフォトリアリスティックに分かれる。前者は限りなく精密で写真と見紛うようなリアルなものを追求し、後者は逆に鉛筆や絵具で描いたような画像を作る。ノンフォトリアリスティックな画像生成は1998年頃からSIGGRAPH(シーグラフ)で流行りだした。一方、従来から研究されているフォトリアリスティックな画像生成では、近年は実写と上手に合成するイメージベースドレンダリング、レイ・トレーシング法を改良したフォトンマッピングなどがさらに研究が進められている。

3次元コンピュータグラフィックス
コンピュータの演算によって3次元空間内の仮想的な立体物を2次元である平面上の情報に変換することで奥行き感(立体感)のある画像を作る手法である。20世紀末からのコンピュータ技術の急速な発達と性能向上によって、従来は大企業や大きな研究所でしか得られなかった精細で高品質の3次元画像が、21世紀初頭現在ではPCやゲーム機で得られるようになっている。3DCGは、ユーザが仮想的な視点や対象物の変更を操作して直ちに更新された画像を得るCADのようなシミュレーションやコンピュータゲームのように実時間処理の動画像と、CG映画のように製作者側があらかじめ時間を掛けて動画像を製作しておくもの、そして、静止画の3種類に大別できる。十分に高い技術を用いれば、無生物では実写と見分けがつかないほど遜色のない画像が得られるが、人物画ではCG特有の無機質なものとなることが多く、ロボットでの不気味の谷現象と同じく一般に人の表情を描くのは不得手である。

キャラ素材その他

キャラ素材